PR
PR

日本ハム球団GMに稲葉氏就任へ 監督は新庄氏有力

[PR]

 プロ野球北海道日本ハムが新たなゼネラルマネジャー(GM)に、球団OBで東京五輪の野球日本代表監督を務め金メダルに導いた稲葉篤紀氏(49)を充てる方向で調整に入ったことが24日、関係者への取材で分かった。吉村浩チーム統轄本部長兼GMはGM職を退き本部長職に専念する見通し。

 今季限りで退任する栗山英樹監督(60)の後任には、球団OBの新庄剛志氏(49)の名前が挙がっており、依然調整が続いている。稲葉氏の人事を含め、球団が近く正式に発表するとみられる。

【関連記事】
「稲葉ジャンプで新球場揺らしたい」 日ハムGM任命へ調整 ファンから期待の声
日ハム新指揮官、地元は誰推し?
日ハムが栗山監督の退任発表 在任10年 後任に稲葉氏らの名
二刀流の大谷育成 光と影の10年 栗山監督退任
日ハム球団、栗山監督に要職打診へ

残り:334文字/全文:687文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る