PR
PR

日本ハム監督候補に新庄氏浮上 稲葉氏ら含め選択肢

 今季限りで退任するプロ野球北海道日本ハムの栗山英樹監督(60)の後任候補に、球団OBの新庄剛志氏(49)の名前が挙がっていることが23日、分かった。

 新庄氏は1990年、ドラフト5位で阪神に入団。2001年からは米大リーグのメッツ、ジャイアンツでプレーした。04年に日本ハムで国内復帰し06年限りで現役を引退。華やかなプレーと奇抜なパフォーマンスで、道民ファンの拡大に貢献した。

 新庄氏に指導経験はないものの、球団内からは「一見派手な言動とは異なり、野球に対する情熱が強く、他人には決して見せない努力家でもある」などと評価する声がある。

 球団は、日本ハムOBで東京五輪の野球日本代表監督を務めた稲葉篤紀氏(49)らも含め、今後1、2週間程度で新監督の人選を固めるとみられる。(花城潤)

【【関連記事】
⇒日ハム新指揮官、地元は誰推し? 一番人気、稲葉氏「五輪で実績、情厚い」/新庄氏「意外性で雰囲気変えて」
⇒日ハムが栗山監督の退任発表 在任10年 後任に稲葉氏らの名
⇒二刀流の大谷育成 光と影の10年 日ハム・栗山監督退任
⇒栗山流10年、元気くれた 「ぶれずに二刀流」「栗山町民の誇り」
⇒日ハム球団、栗山監督に要職打診へ

試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る