PR
PR

世界最高齢39歳のダイアナモンキー死ぬ 札幌・円山動物園

 札幌市円山動物園は23日、飼育下で世界最高齢だったダイアナモンキーのワシントン(雄、39歳)が同日死んだと発表した。死因を調べている。

 ワシントンは世界の動物園などで飼育されている動物の情報を記載した「国際血統登録」で最高齢とされ、人間であれば推定で100歳近くに当たる。同園によると、6月ごろから筋力や視力の低下が進み、同日午前に立ち上がれなくなり、午後2時半ごろに死んだ。

【関連記事】
⇒オオカンガルー「ふぶき」死ぬ 雄10歳、札幌・円山動物園
⇒車いすで毎日散歩…ヤギ「ユズ」死ぬ おびひろ動物園
⇒「奇跡のニワトリ」死ぬ、大阪・天王寺動物園、展示用で飼育
⇒「体重200キロ超のメスは異例」 羅臼、民家周辺を歩く大柄なヒグマ親子撮影
⇒野生のシカ捕食するクマ、日高の山林で撮影 専門家「見かけても近づかないで」

残り:161文字/全文:516文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る