PR
PR

「身を切り構造転換を」 維新の松井代表、札幌で演説

 日本維新の会の松井一郎代表は23日、衆院選の候補者応援のため公示後初めて道内入りし、札幌市北区、中央区などでの街頭演説で「政治家が優遇、厚遇されすぎている。既得権益で守られている人たちにメスを入れる」と訴えた。

 同党は国会議員の定数と報酬の3割削減を公約に掲げる。松井氏は「昭和のままの構造だから、日本は30年成長せずに格差が大きくなった。身を切る改革で役所の構造や公務員の待遇も転換させる」と強調した。

残り:148文字/全文:351文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る