PR
PR

厚岸蒸溜所ウイスキー「牡蠣の子守唄」 11月1日発売 町内の飲食店限定

 【厚岸】ウイスキー製造の堅展実業厚岸蒸溜所は11月1日、釧路管内厚岸町で、町内飲食店専用のウイスキー「牡蠣(かき)の子守唄(こもりうた)」を発売する。飲食店への卸売価格を抑えたため、各店で従来より安く味わえる。一般販売はせず、「厚岸の酒場の味」として話題を集めそうだ。

 厚岸蒸溜所で3年以上熟成させた原酒と英国産の原酒を合わせたブレンデッドウイスキーで、潮風やレモンのような味わいとマスカットの風味が特長。1本750ミリリットル、アルコール度数45%で1200本を生産し、ラベルは釧路市のイラストレーター原田カーナさんが描いた。

残り:132文字/全文:397文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る