PR
PR

日本ハムが栗山監督の退任発表 在任10年 後任に稲葉氏らの名

 プロ野球北海道日本ハムは16日、今季限りで栗山英樹監督(60)が退任すると発表した。連続在任期間では球団最長の10年目を務めている。同日、札幌ドームで取材に応じた栗山監督は「こういう(成績不振の)状況になっていることに責任を感じている。ただ、こうやってファイターズのユニホームを着させていただいたことは非常に感謝している」と述べた。

 今季は開幕から打撃陣の不振による得点力不足などから低迷し、最下位が定位置となっていた。15日にオリックスに敗れ、上位3チームが出場するクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性が消滅し、3年連続のBクラス(4位以下)が決まった。川村浩二球団社長は退任理由について成績の低迷を否定し「10年を一区切りということで勇退していただく」と説明した。

残り:185文字/全文:523文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る