PR
PR

サウナブームに乗り観光振興 札商が実証事業 テレビ塔でイベント

[PR]

 札幌商工会議所は、ブームが続くサウナの観光振興への活用を目指す実証事業を11月に行う。札幌市内の高層ビルやさっぽろテレビ塔で屋外サウナイベントを開き、参加者に割引券を発行するなどして周辺店舗への誘導を図る。

 テーマは「サウナの街サっぽろ」。第1弾を11月5~8日に札幌市中央区北1西1のさっぽろ創世スクエア27階、第2弾を同23~28日に同区大通西1のさっぽろテレビ塔1階と4階で開き、テントサウナや樽型のバレルサウナなどを楽しんでもらう。

 基本料金は1人1時間千円で、希望者は事前に専用サイトからチケットを購入する。1日200人程度の利用を想定しており、参加者には市内の夜景観光施設の割引券を配布したり、抽選でタクシークーポン券を贈ったりするほか、感染防止対策に力を入れている飲食店の紹介なども行う。

 問い合わせは同会議所国際交流・観光課(電)011・231・1330へ。(福本泰範)

【関連記事】
<特集>キタ×コレ~北海道をおいしく、旅する~

PR
ページの先頭へ戻る