PR
PR

静内保健所の書類、札幌の国道で飛散 コロナの個人情報含む1200枚

 日高振興局は15日、静内保健所が廃棄予定だった、個人情報を記載した新型コロナウイルス感染症の関係書類8枚を含む文書1200枚以上が、札幌市中央区の国道で飛散していたと発表した。

 14日午後1時ごろ、市民から「道庁の書類と思われる文書が飛散している」と通報があり、道職員が確認。大部分は回収したが、どの程度の書類が紛失したかは分からないという。

残り:160文字/全文:332文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る