PR
PR

山間部などで積雪も 道内17、18日 交通障害に注意

 道内は17日から18日にかけて上空に強い寒気が入り込む影響で、標高の高い峠や山間部を中心に雪が降り、積雪状態となる見通し。札幌管区気象台が交通障害に注意を呼び掛けている。

 気象台によると、道内は17日午後に寒冷前線が通過した後、上空約1500メートルに11月中旬並みの氷点下6度前後の寒気が入る見込み。18日にかけて、道内全域の峠道などで、積雪や路面凍結の恐れがあるという。(五十嵐俊介)

PR
ページの先頭へ戻る