PR
PR

旭川市長選、投票管理者が応援演説か 公選法違反容疑で書類送検へ

[PR]

 【旭川】9月26日投開票の旭川市長選で、選挙運動が禁じられる投票管理者に市選管から選任されたにもかかわらず、特定候補への投票を呼び掛ける選挙運動をした疑いが強まったとして、道警が公選法違反(選挙事務関係者の選挙運動)の疑いで、旭川市内の男(74)を書類送検する方針を固めたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。道警は起訴を求める「厳重処分」の意見を付ける方針。

 捜査関係者によると、男は9月19~25日の同市長選期間中、公選法で選挙運動が禁止される投票管理者の立場にありながら、自民党など推薦の新人今津寛介氏(44)の支持者らが集まった会合で、同氏への投票を呼び掛ける演説をするなど選挙運動をした疑いが持たれている。会合には今津氏も参加していた。

残り:254文字/全文:581文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る