PR
PR

コロナ・経済再生 争点 衆院解散31日投開票 決戦まで17日 戦後最短

 衆院は14日午後の本会議で解散され、政府は続く臨時閣議で19日公示―31日投開票の衆院選日程を決めた。新型コロナウイルス禍の中での初の大型選挙となり、コロナ対策や経済再生策、安倍晋三・菅義偉政権の総括が争点になる。岸田文雄首相は記者会見で「国民に信任をいただければ数十兆円規模の経済対策を最優先で届ける」と主張。立憲民主党の枝野幸男代表は党会合で「1強による傍若無人な政治を終わらせる」と政権交代を目指す決意を語った。

 衆院選は2017年10月以来。連立与党の自民、公明両党と、立憲民主、共産など共闘を組む野党が争う構図となる。21日の任期満了を越えての衆院選は現行憲法下で初めて。首相就任から衆院解散まで10日間、解散から投開票までは17日間で、共に戦後最短だ。

残り:455文字/全文:788文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る