PR
PR

赤潮被害の漁業者へ相談窓口 日本政策金融公庫 札幌、北見、帯広支店に

 日本政策金融公庫は、道東の赤潮が原因とみられる被害の影響を受けた漁業者向けの相談窓口を札幌、北見、帯広の各支店に13日付で設けた。経営再建に必要な資金を最大600万円、最長10年間貸し付ける「農林漁業セーフティネット資金」の利用などについて相談に応じる。問い合わせは各支店か、札幌支店農林水産事業融資第4課(電)011・251・1287へ。(権藤泉)

PR
ページの先頭へ戻る