PR
PR

函館の建設会社・森川組に創意開発技術賞 ICT活用し消波ブロック設置 作業時間が最大半減

 【函館】建設会社「森川組」(函館市)が、せたな町の消波(しょうは)ブロック設置に用いた技術研究で本年度の第23回国土技術開発賞の創意開発技術賞を受賞した。2016年に社内に設置した「ICT(情報通信技術)推進室」の取り組みが実を結んだ。9月28日にオンラインで表彰式が行われた。

 国土技術開発賞は、国土技術研究センターと沿岸技術研究センターの主催。技術開発者の研究意欲を高め、建設技術水準の向上を目的に、建設作業に関わる優れた新技術を表彰する。創意開発技術賞は、中小建設業者や専門工事業者らの創意工夫やアイデアあふれた技術に与えられる。本年度は全国で3件が受賞、道内は森川組だけだった。

残り:530文字/全文:824文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る