PR
PR

24歳父、男児虐待死認める 福岡で初公判、母は否認

 昨年8月、福岡県中間市の住宅で男児(3)が暴行され死亡した事件の裁判員裁判初公判が14日、福岡地裁小倉支部で開かれ、傷害致死罪などに問われた父親末益涼雅被告(24)は「間違いありません」と起訴内容を認めた。母親歩被告(23)は「私は手を加えておらず、共謀もしていない」と傷害致死と傷害の罪を否認し、それ以外の暴行罪は認めた。

 起訴状などによると、両被告は昨年8月15~16日、歩被告の連れ子の愛翔ちゃんの頭を殴り、同月27日に急性硬膜下出血による多臓器不全で死亡させた。ほか昨年夏、ペット用トイレの砂を愛翔ちゃんの口に入れるなどの暴行を繰り返したとしている。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る