PR
PR

往年の名車37台集結 北見の愛好家ら走行会

 北見市などの旧車愛好家による走行会が10日、オホーツク管内で開かれた。旧車37台に加えバイク19台も集まり、紅葉が進む管内をゆっくりと走った。秋晴れに映える旧車が道行く人の目を引いた。

 新型コロナウイルスの影響で中止となった道内各地のクラシックカーイベントの代替として、愛好家団体「北見オッサン旧車倶楽部」が昨秋に始めた。3回目の今回は網走や小清水からも集まり、過去最多の参加台数に。「ハコスカ」の愛称で知られる日産「スカイライン」、現オーナーが30年間大切に乗り続けてきた1965年製のトヨタ「S800」などが集結した。

残り:121文字/全文:383文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る