PR
PR

衆院、14日午後に解散 総選挙へ 「安倍―菅」政治総括が争点

[PR]

 岸田文雄首相は臨時国会会期末の14日午後、衆院を解散する。その後の臨時閣議で衆院選を19日公示―31日投開票の日程で行うと決定する。8年10カ月に及んだ安倍晋三・菅義偉両政権の総括や新型コロナウイルス対策、経済再生策が争点になる。衆院議員任期は21日までで、任期を越えた衆院選は現行憲法下で初めて。

 衆院選は2017年10月以来4年ぶり。今回は首相就任から解散までが10日間、解散から投開票までが17日間で、いずれも最短。首相は就任直後の支持が高いうちに、有利に選挙戦を進めたい狙いだ。

残り:604文字/全文:848文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る