PR
PR

ドラフト1位の達「新球場の初戦投げたい」 日本ハムが指名あいさつ

 日本ハムは13日、奈良県天理市の天理高を訪れ、ドラフト1位の達孝太投手(17)に指名あいさつを行った。大渕隆スカウト部長、担当の熊崎誠也スカウトのあいさつを受けた達は、2023年に北広島市で開場する新球場について「(開場後)最初の試合で投げさせていただけるなら、投げてみたい」と意気込みを新たにしていた。

 あいさつは冒頭が公開された。大渕部長は「新球場を背負う『超』のつく一流投手を求めていた。ポテンシャルが最も高いということで、指名させていただいた」と語りかけた。

残り:196文字/全文:430文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る