PR
PR

札幌の時短15日に解除、旅行助成も再開 道方針 イベント制限、10月末まで

 道は12日、新型コロナウイルス対策で独自に実施している札幌市内の飲食店への営業・酒類提供時間の短縮要請などを15日から解除する方針を固めた。停止中の旅行助成事業「新しい旅のスタイル」などの需要喚起策も15日から札幌を含む全道で再開する。札幌はその他の地域と同様の対策に移行するが、全道でイベントの人数を最大1万人とする要請は独自対策期間の31日まで継続。13日の対策本部会合で正式決定する。

 道は政府の緊急事態宣言解除を受け1日から札幌市内を「重点地域」とし、時短要請などを続けているが、新規感染者数などの指標が改善したことから、予定通り14日で対策を終了することとした。

残り:482文字/全文:769文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る