PR
PR

北海道7区、自民が1次公認発表見送り 大地との協力文書背景 17年衆院選「伊東氏と鈴木氏の当選目指す」/今回は有効?2氏の見解相違

 19日公示、31日投開票と見込まれる次期衆院選で、自民党は道内で北海道7区(釧路、根室管内)のみ1次公認発表を見送った。伊東良孝(72)、鈴木貴子(35)両衆院議員らが5年前に交わした文書の扱いを巡る見解の相違などが背景にある。

残り:688文字/全文:803文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る