PR
PR

江差高等看護、紋別高等看護でパワハラ延べ52件認定 道の第三者委

[PR]

 【函館】道立高等看護学院(高看)の学生が複数の教員からパワーハラスメントを受けたと訴えた問題で、道の第三者委員会は12日、江差高看(檜山管内江差町)と紋別高看(紋別市)で延べ52件のパワハラがあったと認定した。同委は1週間以内に最終報告書をまとめ、道は関与した教員の処分や異動、学生の救済策を検討する。

 同委座長の山内良輔弁護士らが12日、函館市内で開いた会合後に記者会見し、パワハラが疑われる101件の事例を対象とし、学生24人と教員15人から聞き取りを行った調査内容を明らかにした。それによると、パワハラは2015~20年度に行われ、内訳は江差が34件、紋別が18件。パワハラを行った教員は江差で7人、紋別で5人に上り、うち1人は両校で関与していたと認めた。被害を受けた学生は江差で11人、紋別で3人を確認した。

残り:466文字/全文:825文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る