PR
PR

デントコーン収穫大詰め 中標津、作況は良好

 【中標津】根室管内で、乳牛の飼料となるデントコーン(飼料用トウモロコシ)の収穫が大詰めだ。町計根別でも3メートルほどに育ったコーンを、巨大なハーベスターで根元から刈り取る作業が進められている。

 町内の作付面積は、昨年実績で1714ヘクタール。根室振興局がまとめた1日現在の管内農作物生育状況によると、平年より35・1センチ長い276・2センチに育ち、収穫は同3日早く、今月初め前後から行われている。

残り:341文字/全文:541文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る