PR
PR

グライダー墜落2人死亡 美瑛 エンジン停止か

 【美瑛】12日午前9時40分ごろ、上川管内美瑛町美沢の美瑛滑空場近くの美瑛川に、2人乗りのモーターグライダーが墜落した。機内から2人が救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。国土交通省航空局によると、飛行中にエンジンが停止し、同滑空場から離陸して約1分後に墜落した可能性が高い。2人は、9月に納入した機体の操縦訓練をしていた。同省運輸安全委員会の航空事故調査官が13日から現地で機体の状態などを確認し、事故原因を調べる。

 旭川東署によると、2人は、神戸市東灘区、会社役員山田広司さん(68)と、東京都八王子市北野町、無職渡辺正樹さん(69)。

 同署や同省などによると…

【関連記事】
グライダー墜落、美瑛の住民に恐怖 「落ちた場所、家の真後ろ」
晴天下「信じられない」 山田さん滑空場を自費で整備
航空事故調査官が現場入り

残り:584文字/全文:945文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る