PR
PR

<道南おさかな図鑑>サケ(シロザケ) ニオイ覚え母川に回帰

 北海道の秋の味覚として「秋サケ」があります。塩焼きや鍋、イクラはおいしいですね。他にもシャケ、アキアジとも呼ばれ、一般にはシロザケ、正式名が「サケ」になります。高級なケイジ、トキシラズ、メヂカも取れる時期や場所が違いますが同じサケです。

 サケは、秋に生まれた川(母川)に遡上(そじょう)し川底に産卵します。産卵後、親魚は死んでしまいます。川底の受精卵は冬にふ化して仔魚(しぎょ)となり、石の間でじっとしながら大きくなります。春になると稚魚となって泳ぎだし餌を取り始め、体長5センチほどで海にくだります。

 しばらく沿岸に留まった後、日本系サケはオホーツク海まで泳ぎ、夏を過ごし成長します。しかし、冬のオホーツク海は凍るので北太平洋西部に移動して越冬します。暖かくなると、より広くて餌も豊富なベーリング海に移動します。そこも冬は冷たすぎるので今度はアラスカ湾で越冬します。

残り:924文字/全文:1309文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る