PR
PR

【道スポ】日本ハム1位 天理高・達 ダルの道歩む 「後を追いかけて」夢はメジャー

 1本釣りだぁ~! 日本ハムは11日、プロ野球ドラフト会議で天理高の達孝太投手(3年)を1位指名した。他球団が高校BIG3や即戦力大学生を入札する中、球団は次世代のエース候補にと、身長194センチの大型右腕を単独指名。元日本ハムのダルビッシュ有投手(現パドレス)に憧れ、メジャー志向が強く、伸びしろ十分な17歳との交渉権を得た。育成を含め過去最多タイの13人を指名し、栗山英樹監督(60)も大満足のドラフトとなった。

 意志の強さが随所に表れていた。日本ハムの1位指名をモニターで確認しても、マスクをした達の表情はほとんど変わらなかった。12球団の1位が確定してから会見が始まり「1位で指名していただけると思っていなかったので、びっくりしています」と、素直な心情を言葉にした。

 194センチの長身。細身で手足が長い。シルエットは東北高時代のダルビッシュ(パドレス)をほうふつとさせる。実際、日本で群を抜く成績を残し、メジャーでも活躍する右腕に憧れてきた。

 日本ハムの印象を問われ「ダルビッシュさんをはじめ、多くのいい投手が育つ球団だと思います。自分がやるべきことをやって、ダルビッシュさんの後を追いかけていけたら」と将来のメジャー志向も隠さず言い切った。理想としてほかに、マックス・シャーザー(ドジャース)、トレバー・バウアー(同)のサイヤング賞投手2人を挙げ「3人を足して3で割った投手になりたい」とぜいたくな夢を描いた。<道新スポーツ10月12日掲載>

試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る