PR
PR

石屋製菓がドバイ出店 12月、初の海外 「白い恋人」も販売

 石屋製菓(札幌)の石水創社長は11日、同社初の海外直営店を12月29日にアラブ首長国連邦(UAE)の最大都市ドバイに出店することを明らかにした。新型コロナウイルス禍で観光需要が激減し、土産菓子を中心に国内市場の回復が見通せない中、ワクチン接種が世界屈指の速さで進み、渡航制限も緩和された同国に活路を求める。

 UAEの王族系商社と提携し、ドバイ最大のショッピングモール「ドバイ・モール」1階に出店する。店舗面積は約70平方メートル。従来は道外で常設販売していなかった看板商品「白い恋人」などを販売する。イスラム教の戒律に沿った食品であることを示すハラル認証は近く取得する。3年間の試験店舗だが、業績が好調なら継続し、隣国カタールなどへの出店も検討する。

 同社はコロナ禍による売り上げ低迷を受け、経済活動が回復基調に入った米国や中国など海外への進出を模索していた。

 石水社長は「イスラム圏は戒律上お酒が飲めないため、甘いものに消費が向き、高い需要を見込める」と話している。

【関連記事】
土産依存から脱却、海外で勝負 ドバイへ初進出の石屋製菓

残り:133文字/全文:601文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る