PR
PR

ニセコハイヤー10月末で営業終了 コロナ禍「冬に稼げず」

 【ニセコ】タクシー会社の京極ハイヤーは10月末、ニセコ町を拠点にする「ニセコハイヤー営業所」の営業を終了する。新型コロナウイルス禍で冬季の訪日外国人需要が急減し、回復が見通せないため。現在2社が走る町内の一般向けタクシーは1社となり、感染収束後の観光客の移動手段に影響を及ぼしそうだ。

 ニセコハイヤーは独立したタクシー会社として1968年に設立。2004年に京極ハイヤーが事業を引き継いだ。

残り:211文字/全文:407文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る