PR
PR

日本ハム、本格派右腕の達(天理高)を1位指名 プロ野球ドラフト会議

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が11日、東京都内で開かれ、北海道日本ハムは今春の選抜高校野球大会で4強入りした奈良・天理高の本格派右腕、達孝太(たつこうた)投手(17)を単独で1位指名し、交渉権を獲得した。

 達投手は大阪府出身。194センチ、88キロの恵まれた体格から投げ下ろす140キロ台後半の力強い速球が持ち味で、将来の先発投手陣の柱として期待される。

 道内関係では、松浦慶斗投手(18)=大阪桐蔭高―旭明星中=が日本ハムの7位で、木村大成投手(18)=北海高=がソフトバンクに3位指名された。

残り:132文字/全文:388文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る