PR
PR

道文教大付高、サイド攻撃繰り返し逆転 サッカー皇后杯道大会

 道文教大付高が逆転で最終戦をものにし、2年ぶりの皇后杯の切符を手にした。主将の江藤は「うれしい。全国でプレーするのが楽しみ」とほほえんだ。

 優勝には勝つしかない一戦で、序盤は動きが硬く、2点を先取される展開に。ただ、前半終了間際に1点を返すと、リズムが出た。持ち味のサイド攻撃を繰り返し、2―2の後半7分、スルーパスに反応した江藤が決めて、勝ち越した。

残り:254文字/全文:431文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る