PR
PR

道銀行員が顧客情報利用し無許可副業 2人を懲戒解雇

[PR]

 北海道銀行は、男性行員2人が自らの収入を得るために無許可で副業の投資商品仲介業務を行い、道銀の顧客らに対し、同行とは無関係の投資商品を勧誘していたとして、いずれも9月29日付で懲戒解雇した。

 道銀などによると、2人は昨年秋ごろに会社を立ち上げ、今年1月から電気機器関連の投資商品を個人的につながりのあった顧客らに紹介。この投資商品を扱う企業から手数料収入などとして計800万円以上を受け取っていたという。

 8月ごろ、就業時間中に副業を行っているところを同僚が見つけ、発覚した。道銀は「違法性がある事案ではない」とするが、銀行業務を通じて知り合った10人程度の顧客も勧誘先に含まれていることから、事態は重いと判断。就業規則違反に当たるとして処分を決め、今月8日に公表した。

 道銀は「内部管理体制の一層の充実を図り、信頼回復に努めたい」としている。(福本泰範)

PR
ページの先頭へ戻る