PR
PR

立野、伸び伸び無失点 緩急自在4番封じ

 優勝争いのまっただ中にいるロッテを寄せ付けず、立野が4勝目を挙げた。

 テンポよく、ストライクゾーンで勝負した。「直球を主体に、一球一球丁寧に投げ込んだ結果が、無失点につながってくれた」という。カーブ、スライダー、スプリットで緩急をつけ、タイミングを外した。

 六回は2死から単打で走者を出したが、4番マーティンをスプリットで空振り三振。右拳を突き上げてベンチに戻り、この回限りでお役御免となった。この日、マーティンから三つの三振を奪い「4番に打たれて、相手に勢いをつけさせたくなかった」と喜んだ。

残り:260文字/全文:508文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る