PR
PR

50代5人に1人、40代10人に1人が中等症 札幌の「第5波」分析

 新型コロナウイルスの流行「第5波」で、札幌市では、陽性者のうち、酸素吸入が必要となる「中等症2」の患者が50代で5人に1人、40代では10人に1人の割合で発生していたことが、国際医療福祉大の和田耕治教授(公衆衛生学)の分析でわかった。ワクチン接種者に限ると、この割合が大幅に減少していることも判明した。和田氏は「すでに多くの人がワクチン接種している状況では、接種していないことが重症化リスクになると考えてほしい」と指摘している。

 和田氏は、データ収集の協力を得られた札幌市と広島県について、陽性者の症状を年代別に調査。札幌では7月1日~9月21日に陽性となった1万879人を調べた結果、中等症2の患者は、70代で32・6%、60代で21・2%、50代が18・0%、40代が9・8%―などとなった。しかし「ワクチンを2回接種、もしくは1回接種から2週間経過していた人」では、70代で5・0%、60代で1・1%、50代で0・3%、40代で0・1%―と大きく減少した。広島県でも同様の傾向が見られた。

残り:137文字/全文:585文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る