PR
PR

新幹線札幌駅、市が東改札設置要望へ 創成川東の活性化期待、交通広場整備

 2030年度末開業予定の北海道新幹線札幌駅について、札幌市がJR北海道などに東改札口設置を要望することにしたのは、近くに位置する創成川東地区の土地利用を促進するのが狙いだ。同駅の改札口としては2カ所目となり、市が請願する形のため、設置には20億円規模の費用負担が見込まれる。それでも市は、新幹線利用者の利便性を高めて同地区など中心部の再開発に弾みをつけ、人口増やまちの活性化につなげる考えだ。

 同地区では近年、新しい中央体育館や高層マンションが建設され、病院の建設計画などが相次ぐ。ただ、複数の大型商業ビルが立ち並ぶJR札幌駅前と比較すると土地利用は進んでいない状況にある。

【関連記事】
新幹線札幌駅に東改札 札幌市、費用負担し設置要望へ
新幹線接続交通で新システム検討 札幌市、水素自動運転車も
北5西1・2の全体デザイン、内藤広氏が監修 札幌駅南口の再開発
<特集>札幌再開発マップ いま何の工事中?

残り:495文字/全文:894文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る