PR
PR

活発に泳ぐサケ 生きる力実感 サーモン科学館 魚道水槽に遡上

 【標津】町内の標津サーモン科学館(北1西6)で、標津川とつながる「魚道水槽」にサケが遡上(そじょう)している。ガラス越しに、サケの生態を間近で観察することができ、来館者を楽しませている。

 同館の魚道水槽は幅約7・6メートル、奥行き約2・9メートル。水槽は約100メートル離れた標津川とつながっており、遡上する魚の泳ぐ姿を見られる仕組みだ。魚道水槽を通ったサケは先にある水車で捕獲され、人工ふ化事業に使われる。

残り:123文字/全文:328文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る