PR
PR

松前神楽、コロナ終息願い舞う 潮見ケ岡神社で秋季例大祭

 潮見ケ岡神社(小樽市若竹町、本間清治宮司)の秋季例大祭が3日、同神社で行われた。境内の仮設舞台では国の重要無形民俗文化財の松前神楽が奉納され、地域住民ら約50人が見入っていた。

 秋季例大祭は例年9月下旬に行われるが、今年は新型コロナウイルスの影響で延期されていた。この日は松前神楽小樽保存会の10人が、五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災などを願い、福田舞や二羽散米(にわさご)舞など10演目を披露。舞台に立った朝里中2年の藤井一毅さん(13)は「コロナの終息を願って舞いました」と笑顔を見せていた。

残り:91文字/全文:340文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る