PR
PR

<ここが聞きたい>浦河に来春「森のようちえん」オープン 学校法人フレンド恵学園理事長・伊原鎮さん(51) 考える力、外遊びで育成

 来年4月、浦河町東町かしわに幼保連携型認定こども園「浦河フレンド森のようちえん」がオープンする。学校法人フレンド恵(めぐみ)学園が、町旭町で運営する幼稚園型認定こども園「浦河フレンドようちえん」を移転させ、名称や教育の方法なども一新する。そもそも「森のようちえん」とは何だろう。子どもたちにとって、どんな学びや遊びの場になるのだろうか。同学園の伊原鎮理事長に話を聞いた。(聞き手・河村元暉)

 ――「森のようちえん」とは何でしょうか。

 「北欧発祥の幼児教育の名称です。5年前に知人から話を聞き、その存在を知りました。自然の中で遊ぶことで、心身の健康のほか、自分で考える力や好きなことを突き詰める力を育みます。健やかな成長のためにとても良い実践です。13年前に浦河に来て母が経営する幼稚園の園長となった時、子どもたちが戸外で遊ぶ光景が少ないことに驚きました。ですから(園では)外で遊ぶことを大事にしてきました。しかし、それにはバスで遠出をしないといけない。園舎の老朽化もあり、自然豊かな場所で『森のようちえん』を実践するため移転を決めました。新しい園舎は目の前に約3万7千平方メートルの森があり、日常的にそこで遊べます」

残り:652文字/全文:1161文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る