PR
PR

ハロウィーン彩る「大玉」準備 観賞用カボチャ出荷大詰め 佐呂間

 【佐呂間】31日のハロウィーンに向け、町内で生産された観賞用カボチャの出荷作業が大詰めを迎えている。佐呂間町農協の倉庫で丁寧に箱詰めされ、20日ごろにかけて全国各地へ発送される予定だ。

 同農協によると、今年は町内7戸がオレンジ色の鑑賞用カボチャを生産。重さ20キロ以上にもなる「ジャンボカボチャ」500~600個、サッカーボールほどの大きさで加工しやすい「ハロウィーンカボチャ」約2千個が、それぞれ道内外の市場や本州の有名観光施設などに出荷される。

残り:163文字/全文:388文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る