PR
PR

石水勲さん死去 石屋製菓元社長 「白い恋人」コンサドーレ創設主導

 銘菓「白い恋人」で知られる石屋製菓(札幌)名誉会長の石水勲(いしみず・いさお)さんが26日午前4時30分、札幌市中央区の病院で死去した。77歳。病気療養中だったという。中国・大連市生まれ、札幌育ち。葬儀・告別式は近親者で行った。自宅は非公表。同社が後日、お別れの会を営む予定。

 札幌工業高、東洋大経済学部を卒業し、祖父と父が駄菓子製造のため創業した石屋製菓に1967年入社した。その後、贈答品の菓子を主力とする路線に転換。76年に発売した「白い恋人」を北海道を代表する銘菓に育て、80年に社長に就任した。

【関連記事】
北海道を菓子王国に 石水勲さん死去 社会貢献にも力
道内プロスポーツの先駆け 石水勲さん死去、コンサ創設でも情熱
コンサ 石水さんがいたから 大自然みたい/豪快で温かい 関係者悼む

残り:259文字/全文:606文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る