PR
PR

酒提供夜7時半まで 道方針 札幌、1~14日 認証店は8時まで

 道は28日、政府が新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を30日で全面解除することを受け、10月1~14日に独自対策として、札幌市内の飲食店を対象に時短要請を行う方針を固めた。酒類提供は午後7時半まで、営業時間は同8時までとする。感染対策を講じたことを証明する道の「第三者認証制度」を受けた店は時短要請をさらに緩和する方向。29日の対策本部会議で正式決定する。

 独自対策では感染拡大の中心となった札幌市を「重点地域」に指定。緊急事態宣言下で強い措置を講じる「特定措置区域」となった10市町村のうち札幌市を除く石狩管内、旭川市、小樽市は重点地域の対象外となる。全道の対策期間は10月31日までで、札幌市内の独自対策は14日まで。鈴木直道知事は今月28日、記者団に対し「日常生活の回復に向けて対策が転換していく重要な局面だ」と述べた。

残り:406文字/全文:775文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る