PR
PR

ツイッターの「受け子」勧誘後絶たず 逮捕者の9割 道警は警告投稿「安易に応じないで」

 短文投稿サイト「ツイッター」で勧誘され、特殊詐欺グループのカードや現金の回収役「受け子」になる若者が後を絶たない。道警が昨年1月から今年7月にかけて逮捕した「受け子」計47人のうち、9割近い41人が、「闇バイト」などと称して高収入をうたうツイッターの投稿を見て、誘いに応じていた。道警は昨年7月から、ツイッターで勧誘する投稿に700件近い警告メッセージを送っているが、アルバイト感覚で安易に応じる若者が相次いでおり、警戒を強めている。

 道警によると、詐欺や窃盗などの容疑で逮捕した「受け子」は昨年1~12月に34人、今年1~7月に13人。このうち、昨年逮捕したうちの31人、今年逮捕したうちの10人が、高収入をうたったツイッターの投稿を見て申し込み、「受け子」を始めていた。残る6人は、知人から誘われていた。

 ツイッターの勧誘をきっかけに…

【関連記事】
<#闇バイトの先に>上 受け子抜け出せず実刑「警察につかまってよかった」
<#闇バイトの先に>下 募る自責、よぎった自殺 220万円失い「娘に言えない」

残り:725文字/全文:1177文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る