PR
PR

「幻の道道」1カ月限定の12・4キロ 東川

 【東川】1年のうちで1カ月ほどしか開通しないことから、「幻の道道」と呼ばれる区間が上川管内東川町にある。道道1116号の「チョボチナイゲート―東川北7線ゲート」間の12・4キロ。今年は来月12日まで開通し、道内外のライダーやドライバーが、起伏のある道を快走している。

「幻の道道」と呼ばれる区間にかかる嶺雲橋で写真撮影するライダーら=24日
「幻の道道」と呼ばれる区間にかかる嶺雲橋で写真撮影するライダーら=24日


 同区間は2012年9月に利用が始まった。冬期間の通行止めを解除する直前の翌年5月、地滑りによる路面の異常が複数見つかり、安全性が確認された17年9月、通行が可能となった。

 道道を管理する上川総合振興局旭川建設管理部によると、通行できるのは、雪解け水の影響を受けないため地下水位が上昇せず、地滑りの恐れがない9月上旬から10月中旬。

【関連記事】
<特集>キタコレ ~北海道をおいしく、旅する~

残り:118文字/全文:447文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る