PR
PR

道内緊急事態宣言、まん延防止経ず解除へ 30日期限 「完全解除」は8月以来

[PR]

 政府は北海道に発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言を、30日の期限でまん延防止等重点措置に移行せずに解除する方向で最終調整に入った。新規感染者数や医療体制の指標が大幅に改善しているため。道も容認する意向だ。政府関係者が明らかにした。北海道が宣言、重点措置とも出ていない状況になるのは8月1日以来。

 宣言は19都道府県で発令中。首相官邸関係者は「全てで解除できる。その場合は重点措置に移行しなくていいと思うが、自治体の要望も聞く」と話した。政府内には10月4日に退任する菅義偉首相の在任中に全面解除し、感染抑制に一定のめどをつけたとして次の政権に引き継ぎたいとの意見が多い。専門家の一部に沖縄県などの感染状況を不安視する声がある。

残り:310文字/全文:626文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る