PR
PR

択捉でロシア愛国教育が物議 授業前に国歌流し起立強要

[PR]

 【ユジノサハリンスク仁科裕章】ロシアが実効支配する北方領土・択捉島の中心地、紗那(クリーリスク)の公立学校で9月から、軍出身の校長が独自の「愛国教育」を行っていることが物議を醸している。毎朝授業の前にロシア国歌を流し、教員や児童に起立を強要。国歌は周辺にも響き渡り、一部の住民から批判の声が上がっている。

 同島の地元紙「赤い灯台」などによると、軍に23年間勤めた元大佐のゴルバチョフ校長が国歌を毎日、午前8時35分から流し、教員や児童に起立を強要する校則を導入した。遅刻して廊下を走る児童にも、立ち止まって直立の姿勢を求めているという。

残り:151文字/全文:420文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る