PR
PR

千歳基地での日米共同訓練終了 コロナ感染なし

[PR]

 【千歳】航空自衛隊千歳基地(千歳)を拠点に、13日から行われていた日米共同訓練が22日、予定していた10日間の日程を終えた。道内に新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が発令中での訓練となったが、北海道防衛局と千歳市によると、訓練参加者の感染は確認されず、事件事故などのトラブルもなかったという。

 訓練には、米軍嘉手納基地(沖縄県)に駐留する第18航空団と空自第2航空団(千歳)のF15戦闘機各12機などが参加。積丹半島西方沖と日高南方沖の空域で、実弾を使わない模擬戦闘訓練などを行った。

残り:132文字/全文:376文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る