PR
PR

高濃度PCB廃棄物 室蘭市内での処理は26年3月末まで 環境省が道に要請

[PR]

 環境省は22日、高濃度ポリ塩化ビフェニール(PCB)廃棄物の室蘭市内での処理完了時期を最大2年延期し、室蘭市が容認済みの2025年度末まで処理を続ける方針を明らかにした。同省が同日、廃棄物処理法上、処理施設の運転を認める権限を持つ道に対し、協力を要請した。

 室蘭でのPCB廃棄物処理を巡っては、PCB特措法に基づく計画では、処理完了の期限を安定器などは23年度末、変圧器・コンデンサーなどは22年度末と設定。計画に記載されない廃棄物が発生した場合、いずれも25年度末まで延長できると定めた。室蘭市は14年4月にこれらの期限を正式に受け入れている。

残り:328文字/全文:602文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る