PR
PR

さっぽろ雪まつり 来年も大雪像中止 縮小開催かオンラインイベント検討

[PR]

 札幌市などでつくる「さっぽろ雪まつり実行委員会」は21日、来年2月開催予定の「第72回さっぽろ雪まつり」について、大雪像の設置を今年に続き中止すると発表した。つどーむ会場(東区)と国際雪像コンクールも中止する。新型コロナウイルスの感染収束が見通せないため。開催内容について、大通会場・すすきの会場(中央区)に中小雪像を設置するなど規模を縮小するか、オンラインの代替イベントに切り替えるかを年内に決める。

 実行委事務局の札幌観光協会によると、感染拡大防止の観点から集客を抑える必要があると判断した。大雪像のテーマとなる海外の建築物の視察ができないことも理由という。協会担当者は「感染状況を見据え、規模を縮小しても開催するあり方を模索したい」としている。

残り:274文字/全文:600文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る