PR
PR

「札幌黄」で季節のボルシチ 「秋」はコマツナとミニトマト、「冬」は江別産のゴーダチーズ 中央区の2店で販売 札幌圏の若手農家と連携

 スープ専門店「スープストックトーキョー」(東京)は、札幌圏の若手農家と連携し、タマネギやコマツナなど地場産の野菜や乳製品を使った「季節のボルシチ」の販売を始めた。札幌市中央区の円山店、大同生命札幌ビルmiredo(ミレド)店限定で、秋と冬に1種類ずつ提供する。

 秋、冬とも具材の主役に、札幌特産のタマネギ「札幌黄」を使用。加熱すると甘みが増す札幌黄の特徴を生かすため、一口大に切って蒸し焼きにした。札幌産のジャガイモも共通食材として使用する。

残り:275文字/全文:497文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る