PR
PR

【道スポ】河野 奮投七回途中1失点 待望白星お預け 先発再転向し3戦連続QS

 好投も実らず、待望の白星はまたしてもお預けとなった。先発の河野が6回1/3を投げて3安打1失点で4敗目を喫した。

 一回1死三塁のピンチを併殺で切り抜けると、流れに乗った。「調子が良くない中で、優心さん(清水)がうまくリードしてくれて、試合をつくれたと思います」。五回までテンポ良くアウトを重ねた。

 しかし、六回に再び1死三塁とされ、藤原の右犠飛で先制点を献上。今季自身最長となった七回は先頭・レアードに四球を与え、続く角中を空振り三振に仕留めたところで無念の降板となった。「先頭に四球を出してしまったところが反省です」と唇をかんだ。<道新スポーツ9月21日掲載>

試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る