PR
PR

レバンガ、急造布陣でミス連発 バスケ東北カップ

 20日に行われたバスケットボールの東北カップ。レバンガは、不安材料だったポイントガード(PG)の層の薄さが露呈した。PGの橋本と寺園をけがで欠き、急造布陣で挑んだが、勝機を見いだせなかった。「残念な結果にはなったが、収穫のある試合でもあった」と佐古ヘッドコーチ(HC)は前向きにとらえた。

 前日のB2山形戦で橋本が股関節を痛め、寺園も右足首を捻挫したため欠場を決めた。他にPGがいなかったため「PGは人生で初めて」の葛原、ここ数年はスモールフォワードがメインの桜井が主に務めた。

残り:260文字/全文:500文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る