PR
PR

敵基地攻撃力に賛否 自民総裁選4候補 安保で論戦

 自民党総裁選の4候補は19日、フジテレビとNHKの番組で対中国や北朝鮮の15日の弾道ミサイル発射を踏まえ、安全保障政策を議論した。ミサイルを相手国の領域内で阻止する敵基地攻撃能力の保有について、高市早苗前総務相と岸田文雄前政調会長が前向きな一方、河野太郎行政改革担当相と野田聖子幹事長代行は慎重な姿勢を示した。

残り:494文字/全文:650文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る