PR
PR

最後まで前向きだった葵へ「やったぞ!」 東農大網走、亡き仲間にささげる優勝

 「葵(あおい)、やったぞ!」。19日に苫小牧市内で行われた道六大学野球秋季リーグで2季連続優勝を果たした東農大網走のベンチに、同校の元選手で、14日に21歳で亡くなった佐々木葵さんが付けた背番号「51」のシャツが掛けられていた。試合後は佐々木さんに優勝を報告する声が天高く響いた。

 佐々木さんは投手で、秋田県の金足農高から2018年に入学。プロ野球北海道日本ハム・吉田輝星投手の高校の1年先輩にあたる。180センチを超える長身から150キロに迫る直球を投げ込み、大学で公式戦登板こそなかったが、1年時から登録メンバーに入るなど期待されていた。

【関連記事】
東農大網走が32度目V 道六大学野球

残り:403文字/全文:699文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る